フランス大統領選挙で最有力候補のマクロン前経済・産業・デジタル相が、対抗馬のフィヨン元首相に支持率で4.5ポイントの差をつけていることが、最も大規模な月次の世論調査によって明らかになった。

  同調査によると、4月に行われる第1回投票ではマクロン氏を支持するとの回答が23%だった一方、18.5%がフィヨン氏と答えた。イプソス・ソプラ・ステリアが1万5874人を対象に2月7-12日に行った調査の結果がルモンド紙に掲載された。

  極右政党、国民戦線(FN)のルペン党首は第1回投票を対象とした調査では26%で首位に立つが、5月の決選投票では相手候補が誰であれ、全ての調査で大差で敗れるという予想が出ている。

マクロン氏
マクロン氏
Photographer: Marlene Awaad/Bloomberg

  マクロン氏は最初の選挙運動で、決選投票に進む2番目の枠をめぐり、共和党のベテラン、フィヨン氏と低調な争いを繰り広げている。連日の世論調査によると両者の差は縮まってきており、ここ数日では1ポイントにまでなっている。

原題:Macron Opens Lead Over Fillon in France’s Biggest Monthly Poll(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE