フィリピンのドゥテルテ大統領は自身をめぐる20億フィリピン・ペソ(約45億円)の不正蓄財疑惑が立証されれば辞任する用意があると表明した。

  昨年の大統領選挙前からドゥテルテ氏の不正関与を主張してきたアントニオ・トリリャネス上院議員は、ドゥテルテ大統領は内縁の妻と娘の銀行取引3億2100万ペソの開示も怠っていると指摘し、それを裏付ける文書を「市民」から受け取ったと述べている。

  ドゥテルテ大統領はフェイスブック上の大統領府コミュニケーション局のページに掲載されたスピーチで、「私が20億ペソを違法に集めたとの主張をトリリャネス議員が立証するか、私名義の銀行口座の預金が一時的にも合計で5億ペソとなれば、大統領を直ちに辞任する」とコメント。同議員の主張は「古く、焼き直し」だと反論した。

  トリリャネス議員は16日の声明で、大統領に対し自身の銀行口座を開示するよう要請。大統領が無視した場合の対応について同議員は触れていない。

原題:Duterte to Quit If Senator Proves $40 Million in Illegal Wealth(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE