アップルは「iPhone(アイフォーン)」の次世代ディスプレー供給をめぐり、中国の京東方科技集団と協議している。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。有機ELディスプレーをめぐっては、韓国サムスン電子が2017年を対象に供給契約で合意したと関係者が明らかにしていた。

  非公開情報であることを理由に関係者の1人が匿名を条件に語ったところでは、アップルは数カ月にわたり、京東方科技のアクティブマトリクス式有機ELディスプレーの試験を行っているが、同社をサプライヤーに加えるかどうか決定には至っていない。交渉は初期段階であり、次期アイフォーン向けにディスプレーを供給する可能性は低いが、京東方科技は18年以降の採用を期待しているという。

  京東方科技がサプライヤーとして選ばれれば、日本と韓国メーカー以外でアップルにスクリーンを供給する最初の有力企業になる。アップルは世界的な有機ELディスプレー不足への対応策を探っていた。アップルと京東方科技は、いずれもコメントを控えている。

  アップルとサムスン電子は17年を対象に有機ELディスプレーの独占供給で合意したと関係者が明らかにしていた。だが、サムスンが今後の自社製品向けにもディスプレーを必要とすることを考えると、同社がアイフォーンからの需要を満たす十分なディスプレーを生産できる保証はない。

(更新前の記事でリードのサムスン電子の説明を訂正済みです)

原題:Apple Said to Mull China Supplier for Next-Gen iPhone Screen (2)(抜粋)

(第4段落を追加して更新します.)
最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE