イタリア議会は15日、銀行業界再編の取り組みの一環として、モンテ・デイ・パスキ・ディ・シエナなど経営難の金融機関に最大200億ユーロ(約2兆4200億円)を注入する法案を可決した。

  下院の最終承認により、ジェンティローニ政権が昨年12月に出した政令は法となり、その適用対象となる銀行は緊急流動性保証や資本注入を受けられるようになる。また、こうした銀行が予防的な資本増強措置を要請することも可能となるが、債券保有者は幾分の打撃を受ける。

  モンテ・パスキは昨年12月に増資に失敗し、今回の新たなプログラムの下で公的支援を求める銀行第1号となった。同行には88億ユーロの調達が必要だと、欧州中央銀行(ECB)は見積もっている。同行を含め、イタリアの銀行が抱える不良債権は3600億ユーロに上り、これが利益率を圧迫し投資家信頼感に響いている。モンテ・パスキに続く公的救済の対象となり得る銀行としては、ベネト・バンカバンカ・ポポラーレ・ディ・ビチェンツァが挙がっている。

原題:Italy Approves $21 Billion Fund to Shore Up Its Troubled Banks(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE