短期金融市場の逼迫(ひっぱく)や資本規制、外貨準備高減少を目の当たりにすれば、中国の人民元建て債に強気になることは難しいかもしれない。だがスイスの銀行UBSは違う。

  UBSのアジア太平洋債券責任者ヘイデン・ブリスコウ氏はロンドンでの1月30日のインタビューで、同行は元建て債について今年7-12月(下期)の値上がりを予想しているだけでなく、海外からの投資拡大で市場規模が現在の9兆ドル(約1000兆円)ドルから5年後には倍になるとみていると話した。「われわれは資本市場の歴史で最大の変革に立ち会っている。政府は猛烈なスピードで改革を断行しており、もはやこの市場を誰も無視できない」と述べた。

  ただブリスコウ氏は短期的には引き続き慎重だ。中国国債は4カ月連続の値下がりに向かっており、他の新興国債に2014年11月以降で最も大きな後れを取っている。中国人民銀行(中央銀行)はレバレッジ縮小に向け市中銀行に新規融資の抑制を指示するとともに、住宅ローンに制約を設け、中期融資の金利を引き上げている。

  今は痛みを伴うこうした措置は、今年後半には「債券にポジティブ」であることが立証されると同氏は予想。資金調達環境の引き締めは経済成長鈍化につながり、当局に「緩めの金融政策」を取らせるだろうと分析した。さらに大きな起爆剤が来年期待できるとも指摘。元建て債が世界的な債券ベンチマークに組み入れられれば、巨額の資金が元建て債市場に流れ込むだろうと語った。

  中国の元建て債市場における海外勢保有分は現在わずか3%。同市場の規模は、45兆ドル相当のベンチマーク、ブルームバーグ・バークレイズ・グローバル総合指数の2割に等しい。

原題:UBS Says $9 Trillion China Bond Market to Come of Age This Year(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE