千代田区長選挙に出馬した与謝野信氏(41)がドイツ証券に復職したことが分かった。同氏は与党自民党の推薦を受け選挙を戦ったが落選、グローバル金融での経験を生かし、再び投資銀行業務に携わる。

  与謝野氏は13日、株式本部、株式ストラクチャリング部のディレクターとして復職した。選挙期間中は休職扱いだったという。同氏がブルームバーグ・ニュースの取材に答えた。

  千代田区長選は1月29日に告示、2月5日に投開票が行われた。結果は、小池百合子東京都知事が支援する現職の石川雅己氏(75)が与謝野氏に大差をつけ当選した。日本では会社員が選挙に出馬するために休職し、その後復職するケースは珍しい。

  駒沢大学法学部政治学科の富崎隆教授は、「サラリーマンには指導力や国際性、見識などで優れた人材がおり、民主制においては多様なバックグラウンドを持つ人が政治リーダーになり得るはずだ」と指摘した。

公民権の行使

  日本では労働基準法第7条により公民権行使が保障されていて、使用者は労働者が労働時間中に、選挙権その他公民としての権利を行使し、必要な時間を請求した場合においては拒んではならないとある。

  富崎教授は、その上で「日本では社会の雇用慣行から会社員が選挙に出ることは一般的ではなく、休職し、復職できる環境を整備することが日本の政治を発展させるために必要だ」と語った。

  与謝野氏は東京大学中退後、英ケンブリッジ大学に入学、経済学部を卒業した。1999年にソシエテ・ジェネラルに入社、2016年にドイツ証に移籍した。

英語記事:Failed Tokyo Mayoral Candidate Yosano Returns to Deutsche Bank

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE