ほんの数日前にはあり得ないシナリオとされていた3月の米利上げの可能性が、急速に視界に広がってきた。1月の米消費者物価指数(CPI)が予想を上回る上昇となったことや、イエレン米連邦準備制度理事会(FRB)議長の議会証言内容がタカ派的と受け止められているためだ。

  1月のCPIが2013年2月以来の高い伸びとなったのを受け、デリバティブ(金融派生商品)トレーダーが織り込む3月14、15両日の連邦公開市場委員会(FOMC)での利上げ確率は42%と、今月6日時点の24%から跳ね上がった。これは、次回利上げ後のフェデラルファンド(FF)金利が実効ベースで、新たな誘導目標レンジの半ばで取引されるとの想定に基づく。

  3月の利上げ確率の急上昇の背景としては、イエレン議長が14、15両日に上下両院で行った半期に一度の証言で、緩和解除を長く待ち過ぎるのは「賢明ではない」と語ったことも挙げられる。

  トレーダーは引き続き年内2回の利上げしか織り込んでいないが、FOMC参加者が先に示した今年3回の利上げ見通しに追い付き始めており、こうした市場センチメントの移り変わりで米国債利回りが一段と上昇するリスクもある。

  ジェフリーズのチーフ金融エコノミスト、ウォード・マッカーシー氏(ニューヨーク在勤)は「インフレ加速は個人消費部門の力強いパフォーマンス持続と相まって米金融当局が3月にも利上げする展開に道を開き、その可能性を高めるものだ」と語った。

  JPモルガン・チェースの米国担当チーフエコノミスト、マイケル・フェロリ氏(ニューヨーク在勤)は15日のリポートで、3月は米金融当局にとって利上げするには早過ぎるかもしれないが、5月利上げに市場を備えさせるには良い機会だと指摘。同氏は次回利上げ時期の予想を従来の6月から5月に前倒しした。

  3月利上げの確率については、ジャン・ハッチウス氏率いるゴールドマン・サックス・グループのエコノミストも従来の20%から、30%に高まったと15日のリポートに記した。

  一方、アンブロシノ・ブラザーズのシニアバイスプレジデント、トッド・コルビン氏(シカゴ在勤)は「データが米利上げの極めて強力な論拠となり、人々もそれを受け入れ始めているものの、完全に受容しているわけではない」とコメントした。

原題:March Fed Hike in Play for Bond Traders After Inflation Blowout(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE