15日のニューヨーク外国為替市場でドルが軟調。米経済統計を手掛かり上昇していたドルは、ここにきて失速した。

  ブルームバーグ・ドル指数は0.2%低下。一時は0.5%上昇した。朝方発表された経済統計では1月の米小売売上高が予想を上回ったほか、1月の米消費者物価指数(CPI)は2013年以来最大の伸びとなった。ロンドンと欧州のトレーダーらによると、週初以来レバレッジ系によるドル・ロングが積み上がっていたが、ドルの騰勢が崩れた途端に一部が利益確定に動いた。

  ニューヨーク時間午後5時現在、ドルは対円で0.1%下げて1ドル=114円16銭、対ユーロでは0.2%安の1ユーロ=1.0601ドルとなっている。  

  イエレン米連邦準備制度理事会(FRB)議長は前日の議会証言で、インフレ目標の達成に近づいているとし、「緩和解除を長く待ち過ぎるのは賢明ではない」と指摘した。ロンドンのトレーダーはイエレン議長の証言後に市場参加者は次回の利上げ時期を見極める上で一段とデータ重視に傾いたと指摘した。

  CPIと小売売上高の発表後に金利先物市場が織り込む3月利上げの確率は44%に上昇した。前日のイエレン議長の議会証言前は30%前後だった。6月の利上げ確率は80%となっている。

  ボストン連銀のローゼングレン総裁とフィラデルフィア連銀のハーカー総裁がより早急な利上げが必要になる可能性があると述べると、ドルは下げ幅を縮小した。  

原題:Dollar Loses Traction, Longs Bail as Data-Driven Gains Evaporate(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE