米ヘッジファンドのオクジフ・キャピタル・マネジメント・グループは顧客からの相次ぐ資金引き揚げに直面しており、運用資産は過去13カ月間で約130億ドル(約1兆4800億円)流出した。同社は5年に及ぶアフリカでの贈賄疑惑調査を決着させ、その一環として創業者のダニエル・オク氏も個人として220万ドル(約2億5200万円)近い罰金を支払った。

  同社が15日発表した文書によれば、顧客は2016年に約80億ドル、今年1月から2月1日までにさらに48億ドルを引き出した。特にマルチ戦略ファンドで資金引き揚げが集中した。2月1日時点で同社の運用資産は336億ドルと、前年の437億ドルから減少した。流出した資産の一部は主力マルチ戦略ファンドのリターン増加で相殺された。

原題:Och-Ziff Suffered $13 Billion in Withdrawals as Clients Fled (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE