米国の為替操作国認定、中国よりも台湾と韓国にリスク-チャート

   中国の外貨準備高が大きく減少している。政策当局が急激な人民元下落を阻止しようと米ドル売り・元買いを行ったためだ。一方、台湾と韓国の外貨準備高は増え続けている。ブルームバーグ向けに執筆するマクロストラテジスト、キャメロン・クライス氏は、外貨準備が増えていることは台湾と韓国が台湾ドルとウォンの米ドルに対する上昇を「なだらか」にしてきたことを示すとし、トランプ米政権が為替操作国について判断する際には、中国よりも台湾と韓国の方が認定を受けるリスクが高そうだと指摘した。

原題:A Case for China Avoiding Trump’s Currency Complaints: Chart (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE