スウェーデン中央銀行は超緩和的な金融政策を維持するとともに、クローナ高がインフレ目標達成の妨げになれば外為市場に介入すると重ねて表明した。

  15日の発表によると、中銀は政策金利のレポ金利を過去最低のマイナス0.5%に据え置いた。国債購入プログラムも現状を維持した。ブルームバーグがまとめたエコノミスト調査で全員が予想した通りだった。

  中銀は「短期的に、金利は引き上げよりも引き下げの可能性の方が高い」とし、「緩やかな利上げは2018年に入るまでは始まらない」との見通しを示した。

原題:Swedish Central Bank Renews FX Threat as Inflation Target Nears(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE