インドは国営銀行への今年度の資本注入を最大780億ルピー(約1330億円)減額する可能性がある。融資の伸びが鈍いことが理由。事情に詳しい関係者が明らかにした。

  同関係者によると、インド政府は3月31日までの1年間に2500億ルピーを注入すると約束していたが、210億ルピーを来年度に先送りすることを決めた。情報が部外秘であることを理由に匿名で語った。

  同関係者によれば、さらに570億ルピーの先送りも検討されているという。インド財務省スポークスマンはコメントを避けた。

原題:India Said to Cut Bank Capital Infusion Target This Fiscal Year(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE