医療保険会社の米シグナとアンセムの間の緊張関係が14日、一気に高まった。アンセムによる480億ドル(約5兆4900億円)でのシグナ買収合意を破棄するためシグナが訴訟を起こし、その直後にアンセムは買収合意の維持を目指して裁判で争う方針を表明した。

  両社の衝突の数時間前には、別の米医療保険会社間の大型買収が平和的に取り下げられた。エトナは370億ドルでのヒューマナ買収で合意していたが、互いに計画を断念することを決めた。

  シグナはアンセムを相手取った訴訟で、18億5000万ドルの違約金支払いを請求。さらに、買収に関する規制当局の承認審査の過程でアンセムによって致命的な痛手を受けたとして、130億ドルの追加的な損害賠償を求めた。

  アンセムは今回のシグナの動きを「無効」と指摘し、買収手続きの完了期限を既に4月30日に延期していると主張。連邦地裁は先週、両社統合を差し止めたが、アンセムは裁判所判断を不服として控訴を目指す方針を示した。

原題:Cigna Faces Off With Anthem, Escalating Fight by Ending Deal (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE