ブラジルの1月消費者物価指数(CPI)の前月比上昇率は0.38%と、昨年12月の0.30%から上昇した。ブルームバーグ・インテリジェンス(BI)エコノミクスの予想(0.39%)とほぼ一致したが、ブラジル中央銀行の週間調査のコンセンサス(0.47%)とブルームバーグ集計のエコノミスト予想(0.42%)には届かなかった。

  1-3月(第1四半期)の月間平均CPIを0.35%を上回る水準に押し上げたインフレ圧力は季節要因に伴うもので向こう2カ月で弱まる見通しであり、今年上期のインフレ率は前年比で引き続き低下する可能性が高い。BIエコノミクスのシミュレーションに基づけば、この結果CPI上昇率の予想コンセンサスは短期的に押し下げられて年間4.64%から4.45%に下がり、政府目標の4.5%を下回る見込みだ。また大多数のエコノミストの今年末の政策金利予想も9.5%から9%に低下し、BIエコノミクスの予測を0.75ポイント下回る見通し。

  インフレの失速は意外ではない。物価圧力は輸送(バス料金、エタノール、ガソリン)や通信、上水道など規制価格の再調整から発生する。しかし、これらの値上げは季節的かつ短期的であるため、1-3月期のインフレ率は前年比で大幅な低下が続くと予想される。一方、 価格決定力が比較的大きい一部セクターには強力なインフレ圧力が根強く存在するが、それらのセクターは医療などほんのわずかだ。このような好ましいインフレ見通しは、中銀が政策金利を現行の13%から2月と4月に0.75ポイントずつ引き下げるという市場およびBIエコノミクスの予想を裏付けるものだ。

  中銀の週間調査は2月のCPI上昇率(前月比)が0.60%に加速することを示唆しているが、これは主に季節要因によるものであり、せいぜい1カ月半しか続かない見通しだ。BIエコノミクスが予測する2月のCPI上昇率は市場コンセンサスを0.1ポイント下回る0.5%となっており、物価への比較的強い影響のほとんどが教育費や授業料の変更など一時的要因によるものであることを考えると、中銀が政策金利を上期にさらに11%に引き下げ、年末までに9.75-10%とする余地は十分ある。BIエコノミクスのシミュレーションによると、月間のCPI上昇率がプラス方向で予想から外れた場合、今年の年間インフレ率と年末の政策金利のエコノミスト予測は修正されることになる。

原題:BRAZIL NOTE: Bullish Expectations and Inflation Outlook
  

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE