14日のニューヨーク外国為替市場ではドルが堅調。イエレン米連邦準備制度理事会(FRB)議長は議会証言で、利上げの可能性については全ての会合が予断を持たずに協議する「ライブ」の会合になると述べた。また「緩和解除を長く待ち過ぎるのは賢明ではない」と発言したことから、この1週間で勢いが付いてきたドル堅調地合いに新たな追い風が吹いた。

  ロンドン在勤のトレーダーは、ドル・ショートの可能性があった市場にイエレン議長の証言はきっかけを与えたと述べた。アマースト・ピアポントのチーフエコノミスト、スティーブン・スタンリー氏はイエレン議長の議会証言としては「最もタカ派的なメッセージだった」と述べた。

  ドルは主要10カ国(G10)通貨の大半に対して上昇した。ブルームバーグ・ドル指数は一時0.4%上昇した。ニューヨーク時間午後5時現在、ドルは対ドルで0.5%上昇して1ドル=114円26銭、対ユーロでは0.2%上昇して1ユーロ=1.0578ドル。

  この日は10年債利回りが一時2.5%に上昇。ドルの支援材料となった。金利先物市場が織り込む3月利上げの確率は、約34%に上昇した。ニューヨーク在勤のトレーダーによると、長期的な金利見通しに対しては懐疑的な見方があることから利上げ期待は抑制された可能性がある。連邦公開市場委員会(FOMC)の強気な見通しで始まった2016年は結局、1度の利上げのみだった。

  イエレンFRB議長は上院銀行委員会での半期に一度の証言で、財政政策で今後行われる変更について、経済見通しにはっきりと織り込めるだけの明確さは得られていないと述べた。トランプ政権の発足後も政策の詳細が示されていないことから選挙後のドル高が失速する要因となったと、トレーダーは指摘する。

  リッチモンド連銀のラッカー総裁はこの日、3月利上げ説には説得力があると述べた。

原題:Hawkish Fed Talk Refuels Dollar Rally; March Rate Hike Odds Rise(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE