14日の欧州株式相場は小幅上昇し、指標のストックス欧州600指数は1年ぶり高値を更新した。建設資材株が下げたものの、自動車株が買われた。

  ストックス600指数は前日比0.07ポイント高の370.20で引けた。昨年10月以降で最長の6営業日続伸となった。自動車株指数は1.1%上昇。フランスのプジョーシトロエングループ(PSA)が米ゼネラル・モーターズ(GM)の欧州部門買収に関する協議を行っていることが好感された。英国の中型株の指標FTSE250指数は0.2%上げ、6営業日連続で終値ベースの最高値を更新した。

  PSAは4.3%高と、6カ月ぶりの大幅高を演じた。ドイツとイタリアの2016年10-12月(第4四半期)の成長率が予想に届かなかったことなどを背景にストックス600指数は終日軟調で推移し、0.3%安となる場面もあった。

  スイスの銀行クレディ・スイス・グループは2.3%上昇。住宅ローン担保証券関連の米調査の決着についてティージャン・ティアム最高経営責任者(CEO)は、画期的な進展と事態の好転を強調した。

原題:Europe Stocks Close at One-Year High; Carmakers Gain on Peugeot(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE