中国経済全体のファイナンス活動が1月に大きく拡大し、レバレッジ(借り入れ)縮小と資産バブル抑制を図る政策当局に新たな課題が突き付けられた。

  中国人民銀行(中央銀行)が14日発表した1月の経済全体のファイナンス規模は3兆7400億元(約62兆円)。ブルームバーグの調査では3兆元(中央値)と予想されていた。

  新規人民元融資は2兆300億元。予想中央値の2兆4400億元は下回った。マネーサプライ(通貨供給領)のM2は前年同月比11.3%増と、昨年12月と同じ伸び率となった。

  北ドイツ州立銀行(ノルトLB、ハノーバー)の中国担当チーフエコノミスト、フレデリック・クンツェ氏は、「資産バブルと債務水準増大を抑える中国の対策がうまくいくことを想像するのがますます難しくなっている」と述べた上で、「中国の金融市場がまだ構築の途上であることが示された」と指摘した。

原題:China Credit Surges to Record as Borrowing Binge Rolls On (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE