シンガポール通貨庁(MAS、中央銀行)は14日、中小企業向けの貸し出し強化を目指す業界改革の一環として、国内のファイナンス会社3社について外国企業による買収を可能にする方針を示した。

  MASは声明で、有望なパートナーが買収対象とする会社の「中核事業として中小企業向け融資を維持することを約束する」のであれば、合併もしくは買収の申請を検討する用意があると表明した。

  同日のシンガポール株式市場では、ホンリョン・ファイナンスとシング・インベストメンツ・アンド・ファイナンス、シンガプーラ・ファイナンスの株価がいずれも上昇している。

原題:Singapore to Allow Foreign Acquisitions of Finance Companies (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE