米トランプ政権は、中国が通貨安を通じて輸出促進を図るのを阻止するため、新たな戦略を検討している。米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)がこの政策の策定に関わっている当局者や報告を受けた関係者からの情報として伝えたもので、中国と真っ向から衝突するのを避ける形を取る。

  同紙によれば、検討中の計画では中国を名指しせず、国家が行う為替操作を不公平な補助措置と米商務長官が認定する内容。これにより、米企業は中国やその他の国の補助政策への対抗措置を米商務省に求めることができるという。

  新設の国家通商会議(NTC)は、米中関係の安定を維持しながら、特定の政策については中国に是正を求めることを目指しており、新たな為替戦略に関する協議はそうした取り組みの一環。トランプ氏は就任前、中国を為替操作国に認定し同国からの輸入品に高率の関税を課す考えを示していた。

原題:U.S. Mulls New Way to Prod China on Currency Policy, WSJ Says(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE