中国企業による米自動車市場参入の話は10年前から始まっている。低価格の乗用車を米市場に次々投入するというものだが、まだ実現はしていない。だが米国製自動車の部品を生産するメーカーの中国勢による買収は記録的ペースで進んでいる。

  ワイパーや換気装置を米国のフォード・モーターやゼネラル・モーターズ(GM)、それにドイツのフォルクスワーゲン(VW)に供給している寧波均勝電子は昨年、ミシガン州のエアバッグメーカーとインディアナ州の組み立てライン機器メーカーの買収に10億ドル(約1140億円)余りを投じた。

  寧波均勝は今、同社最大規模となり得る自動車部品メーカー買収に向けて進んでいる。同社の米子会社キー・セーフティー・システムズ(KSS)が、エアバッグのリコール(無料の回収・修理)問題からの再建を目指すタカタのスポンサー候補となった。成熟しつつある自国市場を補うため米国のサプライチェーンへのアクセスを探る中国の部品メーカーは昨年、過去最高となる16億ドルの投資を行っており、寧波均勝はタカタのスポンサー候補となる計画によってこうした積極的な戦略の最前線に立つことになる。

タカタの愛知川製作所
タカタの愛知川製作所
Photographer: Buddhika Weerasinghe/Bloomberg

  香港のコンサルティング会社ダン・オートモーティブのマイケル・ダン社長は「今後5-10年続く大きなトレンドの端緒にすぎない。当初の戦略が中国からの輸出だったとすれば、今後は中国勢が対米投資と米国での雇用創出を期待されることになるのは今や明らかだ」と述べた。

  ブルームバーグの集計データによれば、中国企業が関与した米国での自動車関連の買収発表は昨年、少なくとも7件に上り、買収規模総額は2014年の過去最高を塗り替えた。

  これらの案件の中で最大のものは、寧波均勝による9億2000万ドル規模のKSS買収だ。エアバッグモジュールメーカーの同社はアラバマ、フロリダ、テネシー各州に工場を持ち、14カ国で約1万3000人を雇用している。

   ミシガン州スターリングハイツに本社を置くKSSはコメントを控えた。

原題:China Buys Auto Parts Makers as Trump’s America First Era Looms(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE