コンテンツにスキップする

米連邦地裁判事、トランプ政権の裁判停止申し立てを退ける

  • トランプ政権と司法省は高裁審理が続く間の時間稼ぎを狙った
  • 地裁判事:証拠集めは即時に開始可能

シアトルの米連邦地裁判事は13日、ワシントン、ミネソタ両州がトランプ大統領の入国制限の差し止めを求めて起こした訴訟を一時停止するよう求めた米司法省の申し立てを退けた。

  トランプ政権および司法省は高裁の審理が続き、ホワイトハウスが大統領令の修正を検討していることを理由に、時間稼ぎを試みたが、同地裁のジェームズ・ロバート判事は証拠集めは即時開始可能だとの見解を示した。

原題:Trump Loses Bid to Pause Seattle Lawsuit Over Travel Ban (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE