ここ1年間に米グーグルの自動車プロジェクトから人材流出が相次いでいる。責任者の交代や戦略上の疑問、起業の夢、ライバル会社による自動運転技術専門家の引き抜きが背景にあるが、他にも要因がある。それは多額のお金だ。

  草創期からのスタッフは異例の報酬システムの下、プロジェクトの価値に基づいて特大サイズの報酬を受け取っていた。2015年の遅い時期までには、報酬拡大で複数のベテランメンバーが雇用保障は必要ないと考えるほどになり、他の機会に目を向けることに一段と前向きになったと事情に詳しい複数の関係者は話した。

  昨年12月、自動車部門はウェイモと称する独立事業に転換。関係者の1人によれば、全ての従業員を同一に扱う統一的な報酬体系に置き換えたという。アルファベットの報道担当者はコメントを控えた。

  異例の報酬制度は10年、グーグルによる自動運転車プロジェクトの発表直後にスタート。従業員の報酬はグーグルの広告収入よりも同プロジェクトのパフォーマンスに連動させるものだった。商業サービスを通じて自動運転車を一般に提供するというプロジェクトの最終目標の実現は数年先でも、主要な節目に達すれば報酬支給が膨らんだことが問題の一端だった。

  こうした報酬の支給がアルファベットにとってどれだけの負担となったかは不明。ルース・ポラット最高財務責任者(CFO)が16年初め、業績をめぐりアナリストと行った電話会議の記録では、15年10-12月(第4四半期)の営業費用が14%増加したのは「その他投資部門でのプロジェクトの節目達成に伴う費用など、主な要因は研究開発費だ」と説明している。

  自動車部門からの人材流出は16年に増加した。進捗(しんちょく)ペースへのいら立ちや新責任者ジョン・クラフチック氏への疑念から退社した人もいれば、自ら自動運転車関連で会社創業を目指した人もいたと複数の関係者は話した。高額報酬が状況を悪化させたのは、チームメンバーの間で同社にとどまる金銭的インセンティブが減ったためだと関係者は指摘した。

原題:Rich Compensation at Google Car Project Fueled Talent Departures(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE