投資家と石油輸出国機構(OPEC)との蜜月関係に陰りが見られつつある。

  OPECが世界的な原油供給過剰を緩和するとの前例になく楽観的な見方が広がっていたが、資産運用会社はウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)原油の値上がりを見込む買越残高を1カ月ぶりに減らした。OPECと他の主要輸出国が原油生産を削減する一方、米国の在庫と生産は増加し、シェールオイル掘削会社のリグ(掘削装置)稼働数は引き続き伸びている。米指標原油のWTIは過去2カ月間、おおむね1バレル=50-55ドルでの推移となっている。

  エネルギー関連の商品に重点を置くヘッジファンド、アゲイン・キャピタル(ニューヨーク)のパートナー、ジョン・キルダフ氏は電話インタビューで「現在の取引レンジについて疲労感が出始めている。夏季まで上昇傾向となることはないだろう」と指摘した。

  米商品先物取引委員会(CFTC)のデータによれば、ヘッジファンドによるWTIの先物とオプションの買越残高は7日終了週に2万540枚(5.4%)減少し35万9387枚となった。

原題:Investor Honeymoon With OPEC Falters as Shale Drilling Booms (3)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE