トランプ米政権はベネズエラのエルアイサミ副大統領を反麻薬法に基づく制裁措置の対象とした。同副大統領は麻薬取引とマネーロンダリング(資金洗浄)に携わっていた疑いで、以前から米当局の捜査対象だった。

  米財務省は13日、エルアイサミ副大統領のほか、もう1人のベネズエラ人を同省の制裁対象(SDN)リストに加えたと発表。同副大統領は全ての容疑を否定している。

  米当局者1人が匿名を条件に明らかにしたところでは、エルアイサミ副大統領はSDNリストで最も高位のベネズエラ政府当局者となる。米財務省によれば、SDNリストに加えられると、個人資産が封鎖されるほか、米国の市民や機関、企業との取引が全面的に禁止される。

  外国政府のナンバー2に対する今回の措置は異例であり、米国とベネズエラのマドゥロ政権との関係が一段と悪化するのは確実だ。同国の経済・人道危機が深まる中、マドゥロ大統領は先月4日、エルアイサミ氏を副大統領に指名した。

原題:U.S. Hits Venezuelan Vice President With ‘Kingpin’ Act Sanctions(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE