13日のニューヨーク外国為替市場ではドルが伸び悩む展開。米国債は下げ幅を縮小した。市場関係者は米連邦準備制度理事会(FRB)のイエレン議長が14日から行う半期に一度の議会証言から今後の利上げ動向を見極めようとしている。

  米国株が最高値を更新する中で、ドル買いは控えめだった。トランプ米大統領が先週、税制見直しで「驚異的な」計画を2、3週間以内に発表すると述べたことが手掛かりとなり、財政刺激策に対する期待は依然として高い。この日の取引はイエレン議長の議会証言を控えて薄商いとなった。

  ブルームバーグ・ユーロ指数によるとドルは堅調に推移したものの、ユーロは約1カ月ぶりの低水準となった。

  連邦公開市場委員会(FOMC)が年内に2-3度の利上げを検討している中で、ドルは引き続き魅力的な投資対象とみられている。ただトランプ大統領から通貨安を招くような発言があるのではとの見方からドルに対するロングポジションには慎重になっている。

  ブルームバーグ・ドル指数は約0.15%上昇。一時は0.3%を超える伸びだった。ドルは主要10カ国(G10)通貨の大半に対して上昇。市場では3月に利上げされる確率は約30%が織り込まれている。

  ニューヨーク時間午後5時現在、ドルは円に対して0.5%上昇して1ドル=113円74銭。一時は114円17銭まで上昇した。公に発言する権限がないとして匿名を条件に述べたロンドン在勤のトレーダーによると、ドルは米国債の利回り上昇や株高にも支えられた。

  ドルはユーロに対しては0.4%上昇して1ユーロ=1.0598ドルとなった。一時は1.0592ドルまで上昇した。

原題:Dollar Pares Gain From February High as Euro Eyes January Low(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE