トランプ米大統領は13日、弾道ミサイルを発射した北朝鮮には「非常に強く」対処すると表明した。

  トランプ大統領はホワイトハウスでのカナダのトルドー首相との共同記者会見で、北朝鮮は「大きな、大きな問題だ」と指摘し、「われわれはそれに非常に強く対処する」と語った。

  韓国国防省によると、日米韓の当局者はミサイル発射について情報を共有するため、14日にビデオ会議を行った。3カ国は北朝鮮のミサイルプログラムが朝鮮半島と北東アジアへの深刻な脅威になっているとの認識で一致。米国は日韓両国防衛への「揺るぎない」コミットメントを確認した。

  北朝鮮は現地時間12日朝、トランプ大統領がフロリダ州パームビーチの別荘で安倍晋三首相をもてなしているさなかに弾道ミサイルを発射した。韓国軍は、今回の発射が北朝鮮の中距離ミサイル技術の向上を示したと分析している。

  トランプ政権は米国本土が射程に入る北朝鮮のミサイル開発を阻止する考えを示してきたが、詳細な対北朝鮮政策はまだ発表していない。

  中国は13日、ミサイル試射への反対を表明するとともに、全ての関係国に緊張のエスカレートを避けるよう呼び掛けた。

  国連安全保障理事会は13日に緊急会合を開き、北朝鮮によるミサイル発射を強く非難する報道声明を採択。地域の緊張緩和の必要性を強調するとともに、北朝鮮に対する追加措置を取ることで一致した。

原題:Trump Vows to Deal With North Korea Actions ‘Very Strongly’ (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE