サウジアラビアは1月に、8年余りで最大の減産を実施した。減産規模は市場均衡に向けた石油輸出国機構(OPEC)合意を上回った。

  OPECが13日公表した月報によれば、サウジが申告した1月の産油量は日量974万8000バレルで、前月の水準を日量71万7600バレル下回った。外部からの情報を基にOPECがまとめたデータではサウジの1月減産量は49万6000バレルと、合意に一致する水準だった。  

  原油急落で経済が打撃を受ける中、産油国はOPECとロシアを中心に3年にわたる供給過剰の解消に向け減産を進めている。原油価格は昨年11月30日のOPEC加盟国による減産合意後の数週間に20%上昇したものの、OPEC減産分を米国の生産回復が埋めることへの懸念が値上がりにブレーキをかけた。

  月報によれば、イラクとベネズエラ、イランは合意を上回る産油量を申告した。OPECの二次情報源に基づく試算では、減産対象の11カ国による順守率は90%強だった。

  1月の産油量は89万2000バレル減の3213万9000バレル。需給均衡にはまだ減産が不十分であることを月報のデータが示唆している。

原題:Saudi Arabia Tells OPEC It Cut Oil Output by Most in 8 Years (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE