英国の平均住宅価格は1月に過去最高を更新した。需要と供給の不均衡を一因とする上昇トレンドが続いている状況が示された。

  アカデータとLSLの13日の発表によると、1月の住宅価格平均は前月比0.3%上昇の30万169ポンド(約4280万円)となった。前年同月比では3.1%上昇し、2002年時点の水準の2倍に達した。

  2016年全体では、ロンドンは分析対象となった10地域の中で住宅値上がりが最も小幅な地域の一つだった。欧州連合(EU)離脱選択や税制改正で高級地区が低迷したことが一因。ナイト・フランクの報告によれば、ケンジントン・アンド・チェルシーは過去1年に住宅価格が2桁の下げを記録した。  

原題:U.K. House Prices Climb to Record as Shortage of Homes Worsens(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE