ヘッジファンドの行動が市場にプラスとなったようだ。年初から5週間のドルの下落基調に嫌気が差したヘッジファンドは先週、ドル上昇を見込むポジションを4カ月余りで最低の水準に減らした。これでドルは反発しやすくなり、トランプ米大統領の税制改革発言の効果が増幅された。

  今週はリフレーショントレードの復活が本物になるかどうかの別れ目だ。昨年11月8日の大統領選以降、トランプ政権の政策への期待で値上がりしたドルは昨年遅くにピークをつけ、リフレトレードは頓挫していた。

  減税と財政支出への期待が再び高まったところへ、今週はイエレン連邦準備制度理事会(FRB)議長の議会証言があるため利上げ見通しも注目される。証言の合間のタイミングで発表される1月の米消費者物価指数は2012年以来の高い上昇率が見込まれている。

  ウェストパック銀行のシニア為替ストラテジスト、ショーン・キャロー氏は「投機的なドルロングポジションが最近数週で減っているため、イエレン議長の前向きな証言があったり減税の早期実現期待が再び高まることがあれば、ドルは上昇しやすい状況だ」と話した。

  主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は先週、「驚異的」な法人税改革案を打ち出すとのトランプ大統領発言を手掛かりに今年初の週ベース上昇となった。

原題:Dollar Regains Reflation Mojo as Hedge Fund Bets Get Flushed Out(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE