今年のバレンタインデー。チョコレートを買い求める人は安く手に入れられるかもしれない。世界的にカカオ豆の供給が増えているためだ。

  世界のカカオ豆生産の約70%を占める西アフリカと中南米で収穫量が増えている。生産量の拡大を受けて、カカオ豆先物相場は2008年以来の安値となった。チョコレート「キャドバリー」やクッキー「オレオ」のメーカーである米モンデリーズ・インターナショナルなど、菓子メーカーにとってはコスト削減につながる。菓子の値段も安くなり始めている。

  西アフリカでは昨シーズン、干ばつが原因で生産が打撃を受けたが、状況が改善して供給が回復した。ICEフューチャーズ米国の指定倉庫のカカオ豆在庫は、昨年12月に09年以来の低水準となった後、38%急増している。

原題:Valentine’s Chocolate Gets Cheaper as Global Cocoa Supply Swells(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE