オランダの極右政党・自由党(PVV)のウィルダース党首は、3月15日に実施される総選挙について、PVVが躍進すれば、自分の存在を他の政治家が無視できなくなると語った。

  ウィルダース党首はWNL放送との12日のインタビューで、「PVVが有権者の支持を得て2.3議席の上積みということでなく、本当に大きな躍進を遂げる場合」、彼らは自分と協力せざるを得ないだろうと発言。「200万から250万人の有権者を無視することはできない。無視すれば非常に愚かな選択となろう」と述べた。

  Peil.nlの最新世論調査によれば、ウィルダース氏が率いるPVVは下院(定数150議席)で30議席前後を獲得し、第1党になると予想されている。世論調査でPVVを追う自由民主党やキリスト教民主勢力、労働党、グリーン・レフトといった既成政党は、PVVと連立政権を組むことはないと表明。ウィルダース氏の発言に対し、自由民主党を率いるルッテ首相は12日のツイッターで、「ゼロ%だ。それが起きることはない」と反論した。

  ウィルダース氏は2004年に自由民主党と袂(たもと)を分かち、反イスラムと反欧州連合(EU)を標榜するPVVを旗揚げした。
  
原題:Wilders Warns About Excluding Dutch Freedom Party After Vote (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE