自動車メーカー18社の最高経営責任者(CEO)はトランプ米大統領に対し、オバマ前政権が強化した自動車の燃費基準を2025年型車まで変更しないとする米環境保護局(EPA)の決定を見直すよう要請した。燃費基準をめぐるEPAの審査期間が政権交代を前に不当に短縮されたと主張している。

  米ゼネラル・モーターズ(GM)のメアリー・バーラCEOとフォード・モーターのマーク・フィールズCEO、フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)のセルジオ・マルキオンネCEOら業界首脳は10日付の書簡で、トランプ大統領にEPAの審査を当初のスケジュールに戻すよう求めた。

  首脳らは書簡でEPAの中間審査に触れ、「つい昨年秋頃まで、EPAは新政権誕生の前に中間評価が最終決定につながることはないだろうと約束していた」と指摘した。

  オバマ前政権は11年、米国で販売する自動車の燃費を25年までに1ガロン(約3.8リットル)当たり平均で50マイル(約80キロメートル)超に引き上げる新たな燃費基準を打ち出し、自動車メーカー各社も合意した。しかしメーカー各社は、ガソリン価格の下落で燃費の良い車の需要が抑制されており、新たな基準の達成がより難しくなっていると主張している。

  EPAは新政権誕生のわずか1週間前に、温室効果ガス対策としての25年までの燃費基準の変更は不要だとの判断を下した。当初は18年4月前に決める予定だったが、結論を1年以上前倒ししていた。

原題:Auto CEOs Ask Trump to Revisit Obama-era Fuel Efficiency Rules(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE