週末の北米映画興行収入ランキングで、ワーナー・ブラザーズのアニメ-ション作品「レゴバットマン ザ・ムービー」が初登場1位となった。

  調査会社コムスコアが電子メールで12日配布した資料によれば、同作品の興行収入は推計5560万ドル(約63億円)。別の調査会社ボックス・オフィス・モジョの予想(7600万ドル)には届かなかった。

  官能小説を映画化した「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」の続編「フィフティ・シェイズ・ダーカー」(原題)が4680万ドルで2位に入り、キアヌ・リーブス主演の「ジョン・ウィック:チャプター2」が3000万ドルで3位となった。同作品は2014年公開の「ジョン・ウィック」の続編。2位と3位も初登場。

原題:Lego Superheroes Triumph Over S&M Lovers at U.S. Box Office(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE