10日のニューヨーク外国為替市場では、ドルが一時の上げを消して前日比ほぼ変わらず。ただ週間ベースでは12月以降で初の上昇となった。

  トランプ米大統領は9日、法人税改革の「驚異的な」プランが今後「2、3週間」内に発表されると発言。市場には財政投入による刺激策への楽観が戻り、ドルを支えた。

  10日の市場では、ロンドン市場での取引終了を控えた利益確定やポジション解消の動きが出る中で、ドルは一時の上げを失ったとトレーダーらは述べた。

  ニューヨーク時間午後5時現在、主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は前日比ほぼ変わらず。週間では0.7%上昇となった。

  ドルは対円でほぼ変わらずの1ドル=113円22銭。

  来週は米連邦準備制度理事会(FRB)のイエレン議長が半期に一度の議会証言を行う。市場では、年内2-3回の利上げ方針に変化がないか見極めようと注目が集まっている。イエレン議長が一部の金融当局者と同様に早ければ3月にも利上げがあり得るとのシグナルを発するかどうかが、ドルにとって鍵となる可能性がある。市場では3月利上げの確率は30%。

  この日はトランプ大統領と安倍晋三首相が会談。その後共同記者会見が開かれたが、会見では為替に関する具体的な議論には触れなかった。両首脳は、日米が議論を継続していくことで一致した。

  ただトランプ大統領は、通貨価値の切り下げについては長い間不満を述べてきたとも指摘。これを手掛かりに、ドルは一時113円を割り込む場面があった。ただその後、この発言は中国に向けたもののようだとの見方が広がると、ドルはすぐに戻した。

原題:Dollar Headed for First Weekly Gain of the Year(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE