トランプ米大統領は10日、米国、中国、日本の通貨は近く「公平な立場」になると述べた。大統領は前日、中国の習近平国家主席と電話会談を行っていた。

  この日、ホワイトハウスで安倍晋三首相と会談したトランプ大統領は、会談後の共同記者会見で、両首脳は「数多くのテーマについて話し合った。長い議論だった」と述べた。

  大統領はまた、「通貨価値の引き下げに関しては、私は非常に長い間不満を述べてきた」と語った。

  トランプ氏は大統領候補だった時期に、当選した場合は就任初日に財務省により中国を為替操作国に認定すると公約していたが、就任から3週間経った今もその動きは見られない。また先週は、日本が為替操作していると批判していた。  

  この日の会見でトランプ大統領は、3カ国の通貨がどのような形で公平な立場になるのかや、その表現が何を意味しているかについては詳しく説明しなかった。

  大統領は「それがフェアである唯一の方法だ」と指摘。「貿易などの面でフェアに競争できる唯一の方法だ。われわれはそのフィールドに置かれ、わが国のために熱心に取り組むことになるが、それはフェアでなければない。われわれがフェアにする」と続けた。

原題:Trump Vows ‘Level Playing Field’ for U.S., Japan, China Currency(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE