10日の欧州株式相場は小幅上昇し、指標のストックス欧州600指数は約1年ぶり高値に接近した。予想を上回る企業決算が相次いだほか、中国の輸出が予想以上に増えたことを手掛かりに鉱業株が買われた。

  ストックス600指数は前日比0.2%高の367.39で終了。2015年12月以来の高値まで1ポイント未満となった。鉱業株指数は3.6%上げた。年初来では11%高と、業種別19指数の中で上昇率首位。

  鉄鋼会社アルセロール・ミタルは9.3%急伸。鉄鉱と鉄鉱石の値上がりを追い風に同社の2016年決算は20%増益となった。

  一方、銀行株指数は0.8%下落、1月26日に付けた年初来高値を3.9%下回る水準となった。フランスのソシエテ・ジェネラルは3%、ドイツのコメルツ銀行は2.4%それぞれ値下がり。

原題:Europe Stocks End Week Near Highest Since 2015 After China Data(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE