10日の欧州債市場ではギリシャ国債が大幅上昇。通貨同盟を脅かす危機の再燃を回避するための合意への期待が広がった。

  事情に詳しいユーロ圏当局者によれば、ユーロ圏財務相会合(ユーログループ)のデイセルブルム議長(オランダ財務相)と欧州安定化メカニズム(ESM)のレグリング専務理事が10日ブリュッセルで、ギリシャのツァカロトス財務相に新たな支援策を提示する。

  ギリシャと債権団は、約60億ユーロのギリシャ国債が7月に償還期限を迎える前に追加支払いに道を開くため、支援をめぐる検証作業の完了を急いでいる。

  ブリュッセルで匿名で発言したギリシャの当局者は、10日に合意が成立することは想定されていないと述べ、この日の協議結果への期待抑制を図った。

  ギリシャ2年債利回りはロンドン時間午後4時33分現在、前日比130ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の8.73%となった。9日には5カ月ぶり高水準に達していた。

  一方、欧州債の指標とされるドイツ10年債利回りは0.9bp上昇の0.32%。

原題:Greece Faces Creditors in Brussels in Bid to Salvage Talks (1)(抜粋)
Euro-Area Government Bonds End-of-Day Curves and Cross Spreads(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE