10日の米株式市場で百貨店チェーン運営会社シアーズ・ホールディングスが急騰し、約2年ぶりの大幅高となった。エディー・ランパート最高経営責任者(CEO、54)は経営立て直しを約束し、債務負担を減らすとともに年間費用を少なくとも10億ドル(約1134億円)削減すると述べた。

  10日のシアーズ発表によると、コスト削減は諸経費節減および「シアーズ」と「Kマート」事業の統合強化を推し進める取り組みの一環。ランパートCEOは負債と年金債務も15億ドル圧縮する計画だ。

  ランパートCEOは発表文で、「当社は抜本的な事業再編に着手する」と指摘。「こうしたコスト節減を実現するために、当社は諸経費を減らし、シアーズとKマートの統合をより緊密なものにするほか、マーチャンダイジング(MD、商品政策)やサプライチェーン、在庫管理を改善する」と述べた。

  同発表を受けて株価は一時、前日比40%急伸し7.75ドルに達した。日中ベースでは2014年11月以来の大幅上昇となる。これまでは損失拡大や販売減少に関する懸念が重しとなり、今年に入ってから前日の取引終了までで株価は40%下落していた。

原題:Sears Soars After CEO Assures Investors He Can Fix Business (3)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE