フランスの自動車メーカー、ルノーの2016年通期決算は38%増益となった。スポーツ型多目的車(SUV)のラインアップ拡充とハッチバック「メガーヌ」などの改良モデル投入で欧州市場シェアが拡大した。

  10日の発表資料によると、営業利益は32億8000万ユーロ(約4000億円)と、前年の23億8000万ユーロから増加。ブルームバーグがまとめたアナリスト16人の予想平均30億5000万ユーロを上回った。売上高は13%増の512億ユーロだった。

  ルノーは昨年、国内のライバル企業プジョーシトロエングループ(PSA)を抜いて欧州2位の自動車メーカーに浮上。今年は為替変動による影響とロシアのアフトワズの業績を除くベースで、増収と営業増益を目指している。

原題:Renault Profit Surged 38% as New SUVs Grab European Market Share(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE