米下院共和党が金融規制の一部撤廃を目指して議会に提出する修正法案には、ウォール街の気にいる内容が数多く含まれている。

  下院金融委員会のヘンサーリング委員長(共和、テキサス州)は、金融危機に耐える経営体力を評価する年次ストレステスト(健全性審査)から銀行を解放する法案は今月にも提出する可能性がある。消費者金融保護局(CFPB)の権限の骨抜きを目指す内容も盛り込まれることになりそうだ。修正法案の最新の概要について、同委員長が議員らに書面で今週説明した。

  ヘンサーリング委員長は、2010年に成立した金融規制改革法(ドッド・フランク法)の規制を弱めるため、預金受け入れ銀行の自己勘定取引を制限する「ボルカー・ルール」の廃止や、CFPBの管轄縮小を盛り込んだ法案を昨年議会に提出。新たに上程する2017年版も上院での可決には民主党議員の協力が必要になり、多数派の支持獲得は昨年に続き難航すると予想される。

  コーウェン・アンド・カンパニーのアナリスト、ジャレット・サイバーグ氏は「今回の法案は、大統領の執務室に届くことを想定する包括的な提案というよりも、共和党がどのような形で法改正を行いたいと望んでいるかを示すメッセージの色彩が強いとわれわれは考えている」とリポートで指摘した。

原題:Hensarling Targets Bank Stress Tests, CFPB in Dodd-Frank Changes(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE