オーストラリア準備銀行(中央銀行)は10日 発表した金融政策四半期報告書で、世界景気見通しの改善を強調する一 方で、成長による雇用への恩恵は軽微だとして、雇用の伸びは限定的に とどまるとの見通しを示した。

豪中銀は報告書でインフレ予想をほぼ据え置いた一方で、昨年7- 9月(第3四半期)のマイナス成長の「ベース効果」を理由に、2017年 6月までの1年間の成長率見通しを1ポイント引き下げた。液化天然ガ ス(LNG)輸出は17年と18年の国内総生産(GDP)成長率を約0.5 ポイント押し上げる要因になるとの見通しを示した。

豪中銀は「全般的な成長は、予想期間に失業率を大きく低下させる には十分ではないと見込まれる」と指摘。 豪州の昨年12月の失業率 は5.8%だった。

報告書発表後に豪ドルはほぼ変わらず。シドニー時間午前11時38分 (日本時間同9時38分)現在、1豪ドル=0.7622米ドル。発表前 は0.7621米ドルだった。

原題:RBA Highlights Better Global Outlook, Limited Employment Gains(抜粋)

--取材協力:Kimberley Painter.

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE