日産自動車は、最も利益が期待される車種の一つである大型ピックアップトラックについて、カルロス・ゴーン社長が設定した米国でのシェア拡大目標の達成時期に関する見通しを示していない。

  ゴーン社長はリニューアルした「タイタン」を2015年1月に米市場に投入するに当たり、2年以内に年間10万台の販売台数を達成し、約5%の市場シェアを確保する目標を掲げた。16年の日産の販売台数は2万1880台、今年1月の米国の大型ピックアップトラック市場でのシェアは1.8%にとどまっている。

原題:Nissan Falls Short of Full-Size U.S. Pickup Share Ghosn Sought(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE