9日のニューヨーク外国為替市場では、ドルがこの日の高値付近で推移。トランプ大統領が米航空各社の幹部に対し、今後2、3週間で税金という面で何らかの発表を行うと表明したことで、財政面での刺激策が米経済を活発にし、このところ失速している「トランプ・トレード」が勢いを取り戻すとの楽観が広がった。

  ドルは対円を中心に上昇。対円では1%余り上げた。今週は111円60銭に下げる場面もあった。トランプ氏の発言が伝わった後は米国債利回りが上昇し、ダウ工業株30種平均は過去最高値に上昇した。

  ドルは円に対しこの日の高値付近を維持しており、他の通貨に対しても上昇している。米政府当局者は、トランプ米大統領が批判した日本の「為替操作」の問題は10日の日米首脳会談の優先議題ではないと語った。

  ニューヨーク時間午後5時現在、ドルは円に対し前日比1.2%高の113円25銭。主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.3%上昇。

  ユーロはドルに対し0.4%安の1ユーロ=1.0655ドル。

  トランプ大統領はこの日、ホワイトハウスで米航空会社や空港運営会社のトップらと会談し、「アメリカの空港や鉄道システムは時代遅れで、道路もひどい」と指摘。「他と同じようにあなたたちは規制を受けているだろう。これから2、3週間で税金という面では驚異的な何かを発表するつもりだ」と続けた。  

  この日は米北東部で大雪となり、市場の商いにも若干影響した。

原題:Trump Tax Talk Reinvigorates Dollar to Gains Against Most G-10(抜粋)
原題:Trump Promises Airlines New Infrastructure and Less Regulation(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE