「為替操作」はトランプ・安倍会談の優先議題ではない-米当局者

更新日時
  • 自動車業界の問題が重要なテーマになると当局者
  • 匿名を条件に米側のアジェンダを説明、詳細は明らかにせず

トランプ米大統領が批判した日本の「為替操作」の問題は10日の日米首脳会談の優先議題ではないと、米政府当局者が明らかにした。

  この当局者は匿名を条件に記者団に米側のアジェンダを説明したが、詳細は語らなかった。

  同当局者はまた、自動車業界の問題が安倍晋三首相とトランプ大統領との会談の重要なテーマになるだろうと述べた。

浅川雅嗣財務官

Photographer: Tomohiro Ohsumi/Bloomberg

  トランプ氏は1月31日、日中両国は通貨安誘導をしており、「われわれは間抜けな集団のように傍観している」と発言。また大統領選キャンペーン中にも、日本は為替操作をしていると批判していた。

  安倍首相らは円安誘導批判に反論。浅川雅嗣財務官は今月1日、「日本の金融政策はデフレ脱却という国内政策目的のためにやっているのであり、為替を念頭に置いたものでは全くない」とし、大統領の批判は当たらないと述べた。

原題:Trump Aide Says Yen Manipulation Won’t Be Priority in Abe Talks(抜粋)

(4段落目以降に背景などを追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE