米百貨店チェーンのノードストロムは8日にトランプ米大統領からツイッターで激しく批判されたが、投資家は気にも留めていないようだ。

  大統領がツイッターでノードストロムを批判した8日に同社株は上昇。9日の市場でも続伸しており、2日間の上昇率は最大8.4%に達した。これは昨年11月以降で最大。トランプ大統領はツイッターで、娘イバンカさんのファッションブランドの取り扱いを停止したノードストロムを批判していた。

  ロッキード・マーチンなど、過去にトランプ氏の批判ツイートが株価に打撃を与えた例はあるが、ノードストロム株は底堅さを見せている。ノードストロムはまた、イバンカさんのチームとは「素晴らしい関係」だったとしたほか、商品を再注文しないとの決定は販売の落ち込みが理由だと説明し、緊張緩和にも努めた。

  ノードストロムはイバンカさんのチームと過去1年に率直な話し合いを行い、イバンカさん本人に今回の決定を1月初めに伝えていたと説明。イバンカさんのブランドの販売は特に昨年後半に減少が続き、取り扱いを継続することは理にかなわないと指摘した。

原題:Nordstrom Shrugs Off Trump’s Critical Tweet as Shares Climb (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE