ニューヨーク・マンハッタンに賃貸住宅を所有する大家は何年間にもわたって家賃を最高値へと引き上げてきた。それが今新たな記録を生み出している。それは入居者への特典だ。

  家賃1カ月分や不動産手数料の肩代わりといった特典付きの新規賃貸契約数は1月までの4カ月連続で最高を更新している。不動産鑑定のミラー・サミュエルと仲介のダグラス・エリマン・リアル・エステートがまとめたデータによると、1月は賃貸契約のうち大家が特典を付けたケースは31%と、12月の26%から一気に5ポイント上昇、統計でさかのぼれる過去約6年で最多となった。

  ダグラス・エリマンの賃貸担当エグゼクティブディレクター、ハル・ガブジー氏はブルームバーグのインタビューで、「大家や家主はできることなら特典を付けたくない。しかし、テナントの要求に抵抗できなくなってきた」と続けた。

原題:Manhattan Landlords Can’t Stop Setting New Records for Giveaways(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE