イタリアの銀行、ウニクレディトの2016年10-12月(第4四半期)決算は、136億ユーロ(約1兆6300億円)の赤字となった。

  第4四半期の赤字は、同行が先週示した通年の赤字予想の118億ユーロを上回った。前年同期は1億5300万ユーロの黒字だった。第4四半期の貸倒引当金は96億ユーロで、前年同期の12億ユーロを大きく上回った。

   2016年末の普通株ティア1自己資本比率は7.54%に低下し、欧州中央銀行(ECB)の要件を満たさなかった。

原題:UniCredit Posts Quarterly Jumbo Loss on Loan Provisions, Charges(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE