中国の張高麗副首相が経済統計の改ざんは許されず、統計操作で摘発された職員は罰せられ、その後のキャリアにも影響が及ぶと言明した。

  国営の新華社通信によれば、張副首相は国家統計局を8日に訪れた際、中央政府は政策の策定で正確かつ信頼に足るデータを必要としており、統計改ざんに関与した職員を特定し処分できる制度を中国は持つべきだと述べた。

  共産党機関紙の人民日報が先月、東北部の遼寧省で都市や県の当局が2011-14年に歳入などのデータをごまかしていたと伝えたことから、中国経済指標の正確性に対する疑念が再び広がっている。

原題:China Vice Premier: Must Punish Those Who Falsify Economic Data(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE