中国最大のオンライン決済サービスを傘下に持つアント・ファイナンシャル(螞蟻金融服務集団)は、社債発行で30億ドル(約3360億円)未満の調達を目指している。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。買収資金に充てる。同社はアリババ・グループ・ホールディングの馬雲(ジャック・マ)会長が経営権を握っている。

  情報が非公開だとして匿名を条件に語ったこの関係者らによると、アントは先日買収を発表した送金サービスの米マネーグラム・インターナショナル(8億8000万ドル規模)や他の買収案件などに今回の調達資金を使う。

  事情に詳しい関係者らによれば、アントは年内にも新規株式公開(IPO)を計画している。ハイテク関連ニュースサイトのジ・インフォメーションは先に、アントが30億ドル余りの調達に動いていると伝えていた。

原題:Ant Financial Said Raising Under $3 Billion of Debt For Deals(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE