9日のアジア株式相場は下落。香港市場で中国本土銘柄で構成するハンセン中国企業(H株)指数が1年2カ月ぶりの高値に向かっており、アジア株は下げ幅を縮めた。

  MSCIアジア太平洋指数は香港時間午前11時25分(日本時間午後0時25分)現在、前日比0.1%安。一時は0.5%安となっていた。

  トランプ米大統領が中国の習近平国家主席に書簡を送り、就任への祝意に感謝すると同時に、世界経済の2つの大国の揺るぎない関係構築に期待感を表明。

  交銀国際の洪灝チーフストラテジスト(香港在勤)は「トランプ大統領の対中姿勢が見込まれていたより柔らかなように見え、今のところ中国を為替操作国とは認定してない」と指摘。また「1月の中国統計は期待感を抱かせるもので、銀行の新規融資は過去最高が予想されている」と述べた。

原題:Asian Stocks Trim Drop as China H Shares Head for 14-Month High(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE